会長理事就任のご挨拶

 去る630日に開催された一般社団法人岩手県畜産協会第84回定時総会で理事に選任され、その後の理事会で、会長理事に選定された藤尾東泉でございます。

畜産を取り巻く情勢が厳しさを増す中、畜産経営の安定や発展を目的とした多岐にわたる事業を実施している法人の代表となり、その責任の重大さに、身の引き締まる思いでございます。

 昨年度、合意・署名が行われた環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の今後の動向等、畜産農家の皆さんをはじめとして、関係各位におかれましては種々不安を抱えておられることと存じます。

そうした中、当協会の使命は、漠然とした不安を抱きながらの経営から脱却し、現状よりも足腰の強い経営を確立するために、何が必要なのかを考えて実際に行動に移していく、そうした畜産農家の方々に、各種事業を含めた有益な情報等を提供し、最大限に活用していただくことにあると考えるところでございます。

こうした考えの下、畜産県いわての一層の発展に向けて、畜産経営の収益性の向上、生産基盤の強化等に、役職員一同全力を挙げて取り組んで参る所存でございます。生産者をはじめ、関係機関・団体の皆様から特段のご理解とご協力を賜るようお願い申し上げ、誠に簡単ではございますが、ご挨拶とさせていただきます。


 

                      一般社団法人岩手県畜産協会

                        会長理事 藤尾東泉


top